ガンダムZZ@ヒロインの一人「エル・ビアンノ」

エル・ビアンノ

14歳
(声:原えりこ)


サイド1のスペースコロニー「シャングリラ」にて
ジュドー・アーシタら仲間達と
ジャンク屋稼業をして生活していた少女で、
仲間内では主に情報収集などを担当していた。



エゥーゴの巡洋艦アーガマが
修理と補給の為に入港した際、
成り行きから
ジュドーが同艦に搭載されていたΖガンダムのパイロットを務めるようになった事をきっかけに、
彼ら共々エルもアーガマのクルーとなる。


彼女は全くの素人であったが、
再配備されたガンダムMk-II
マニュアル片手に搭乗し、
初陣でありながらゴットン・ゴーのガザDを中破させるなど、
戦果を挙げる。

後に彼女の仲間達も
皆パイロットを務めるようになるものの、
エルは仲間内においても
比較的高い資質を備えていたようである。

無論、
エースであるジュドーや
ルーには及ばないものの、
当時既に旧式機となっていたガンダムMk-IIに搭乗し、
性能向上著しいネオ・ジオンの新鋭機を相手に、
戦争終結まで戦い抜いている。


彼女はジュドーに想いを寄せており、
彼にアプローチをかける場面も見られた。

しかしジュドーは同じく仲間であるビーチャ・オーレグの彼女への想いを知っていた為、
さりげなくこれをかわしている。

また、
正規兵であるルーとは
ジュドーをはさんで三角関係となっており、
立場の違いもあってか喧嘩が絶えなかった。

戦争終結後、
彼女は月面フォン・ブラウン市にて、
木星圏へと旅立つジュドーとルーを仲間と共に見送っている。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

ジュドーアーシタの良き悪友@モンド・アカゲ

モンド・アガケ
14歳。

(声:塩屋浩三





サイド1のスペースコロニー「シャングリラ」にて
ジュドー・アーシタら仲間達と
ジャンク屋稼業をして生活していた少年達の一人で、
ビーチャ・オーレグとはいいコンビである。




修理と補給のため入港したアーガマから
Ζガンダムを盗み出し売り払おうと企み、
仲間や敗残兵ヤザン・ゲーブルらと共に同艦に侵入する。

その後、
成り行きでΖガンダムに乗り込んだジュドーが
アーガマの危機を救った事をきっかけに、
彼ら共々モンドもアーガマのクルーとなる。


しかし、モンド・アカゲ
ムーンムーン・コロニーにおけるラサラ・ムーンとの出会い、
そして彼女の死、
その他多くの経験を経て、
人間的に成長していく。







メカニックとしての腕は高く、
ムーン・ムーンにおいて50年以上も放置されていたキャトルを、
工具箱一つで稼動状態にするなどの活躍を見せる。

また、
その腕を活かしアストナージ・メドッソらと共に
搭載機の整備を行う事も多かった。





これといった戦功を挙げた訳ではないが、
彼は無事に第一次ネオ・ジオン抗争終結まで戦い抜いている。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

宇宙を駆けたアムロ・カミーユの後継@ジュドー・アーシタ(2)

ジュドー
ネオ・ジオンのエルピー・プルハマーン・カーンとも精神を感応させている。

プルは
ジュドーの感性に惹かれエゥーゴに寝返り、
ハマーンは彼の気配を
かつての恋人シャア・アズナブルに重ねている。

ハマーンはジュドーを見初め、
幾度か彼にニュータイプとしての在り方を説き、
同志とするべく誘いをかける。

ハマーンは
ジュドーにニュータイプの同志となることを期待していたが、
彼はその後の誘いにも靡くことはなかった。

ジュドーには
アムロ・レイカミーユにはない、
精神的な逞しさがあった。

ダカール迎賓館にて
ハマーンがリィナを傷つけた折に
ジュドーはその怒りを爆発させ、
彼の気迫はハマーンを激しく怯えさせた。

しかし、仲間の叱咤もあり、
ジュドーはリィナの生存を信じるとともに、
戦争を終結させるために新たに決意し、
ニュータイプとして覚醒していく。

ジュドーは人間の可能性を信じ、
彼の発したビジョンは遠く離れていたリィナにも届いている。

ジュドーの優しさは
強化人間プルツーを呪縛から解き放ち、
最後にはハマーンの精神を一瞬だけ救っている。


ネオ・ジオンの女性士官キャラ・スーンとも浅からぬ縁があり、
ジュドーは
彼女が彼とハマーンを庇って死亡した際に悔やんでいる。

ネオ・ジオンから寝返ったエルピー・プルからは
兄の様に慕われ、
また、彼女の分身と言えるプルツーも
最終的にはジュドーのもとに奔っている。

しかし、それでも彼は人間に対する希望を失わず、
ルーと共に木星船団ジュピトリスIIに志願する。

宇宙世紀0089年3月、
こうしてジュドーは木星圏を目指して旅立つ。





非公式ではあるが
長谷川裕一の漫画作品
『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』(宇宙世紀0091年が舞台)においては、
木星圏のコロニーで暮らしていた(ルーとは離別したらしい)ジュドーのところにアムロ・レイが現れる。

松浦まさふみの漫画作品
『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』(宇宙世紀0099年が舞台)においては、
木星からヘリウム船団を率いて地球へ帰還した描写がある。

この作品では、
ジュドーはルーと共に仕事を続けていた。

富野由悠季・長谷川裕一の漫画作品
『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(宇宙世紀0133年が舞台)においては、
名前こそ登場しないが、
主人公のトビア・アロナクスが地球で出会った老人がジュドーではないかとされていた。

また、同じく長谷川裕一の漫画作品である
『機動戦士Vガンダム外伝』(宇宙世紀0153年が舞台)では、
同志たちと共にスペースコロニー2基を連結して世代宇宙船ダンディ・ライオンを建造し、
太陽系外へ旅立とうとする。


ジュドーを演じた矢尾は、
このジュドー役と『超獣機神ダンクーガ』で演じた藤原忍で一気に人気声優となる。

ZZの脚本家である鈴木氏は
ジュドーはニュータイプ能力はアムロやカミーユに劣るが、
自然に力を身につけることができ、
その大地に根ざした能力こそが、
それまでのニュータイプが持っていなかった力。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

宇宙を駆けたアムロ・カミーユの後継@ジュドー・アーシタ(1)

ジュドー・アーシタ (Judau Ashta)




宇宙世紀0074年頃生まれ。

14歳。




宇宙世紀0088年初頭、
ジュドー・アーシタは、
サイド1のスペースコロニー「シャングリラ」にて
仲間達と共にジャンク屋稼業を営み暮らしていた。


ジュドーと仲間のビーチャ・オーレグらは、
アーガマに所属するモビルスーツ(MS)Ζガンダムを盗み出し
大儲けしようと画策する。

彼らは、
シャングリラに流れ着いた
ティターンズの敗残兵ヤザン・ゲーブルと共に
アーガマに侵入するが、
ジュドーは成り行きからΖガンダムに乗り込んでしまう。

ヤザンの
クルーに対する横暴に憤りを覚えたジュドーは
Ζガンダムで戦いを挑み、
彼の乗り込むミドル・モビルスーツを撃退する。

艦長ブライト・ノアは、
初めてとは思えぬ操縦でZを操るジュドーを見て、
彼の行動にかつてのガンダムのパイロット達の面影を重ね、
ニュータイプの素養を感じ取る。

エンドラで
マシュマーがアーガマを攻めてきたときも、
再びΖガンダムに乗り込んだジュドーがこれを退け、
その後ブライトやファ・ユイリィの頼みもあり、
ジュドーと仲間達はアーガマの乗員となる。

ジュドーはブライトの期待に応え、
その後幾度かの実戦を経て、
Ζガンダムを見事に乗りこなすようになる。

そして、
新たに受領した新型MSΖΖガンダムの主席パイロットとなった彼は
同機の性能を存分に奮い、
第一次ネオ・ジオン抗争に参加していく。





ジュドー
MSパイロットとして天賦の才を備えていた。

ΖガンダムやΖΖガンダムを乗りこなし、
正面からのMS戦闘にも怯える事なく臨んでいる。



ジュドーは当初、
アーガマの戦闘艦としての任務には然程積極的ではなかったが、
彼の妹リィナは同艦の援助に熱心であった。

そのため、
彼女の身の安全を第一と考えるジュドーとしては、
妹を護るためには戦闘に参加せざるを得なかった。


また
エゥーゴの出資者ウォン・リーに反発し、
彼の「修正」を切り返し蹴りをくれるなど、
ジュドーやその仲間達の無鉄砲ぶりは
ブライトらアーガマクルーの頭痛の種でもあったという。

また、ジュドーは
ニュータイプとしての資質を備えていた。

彼は
アーガマに潜入した際に
前任のZガンダムのパイロットであるカミーユ・ビダンとの邂逅を果たし、
ニュータイプ同士の交感を交わしている。

その際の体験が、
後にジュドーのニュータイプ能力の覚醒へと繋がっている。


そのニュータイプ能力は
カミーユ自身の精神を追い詰める要因となった。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

ハマーン・カーンを裏切った男@ラカン・ダカラン

ラカン・ダカラン (Rakan Dahkaran)


ネオ・ジオンの将校。

男性。

その腕前は強化人間、ニュータイプにも
劣らない。


その自信の表れなのか、
戦闘時にもノーマルスーツを着用しない。




アニメ第21話 - 第46話に登場。









漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』によれば、
一年戦争時におけるソロモン海戦には参戦していた。

その後アクシズに行く事になる。

だが、
アクシズから脱出した地球連邦軍に捕らえられたハマーン・カーンを救出する為に自ら囮になり、
ハマーンを救出するきっかけを作るなど、
気骨のある所を見せている。

なお、この頃は、
まだノーマルスーツを着用している。







機動戦士ガンダムΖΖ』劇中では、
グレミー・トトの反乱の際には、
地球の支配権を条件にグレミー側についた野心家であり、
ドーベン・ウルフで構成されたスペースウルフ隊を率い
グレミー軍主力部隊として活躍した。

最終話の前である第46話「バイブレーション」において、
ΖΖガンダムと交戦し、
ビームサーベルによる接近戦において敗北、
ドーベン・ウルフと共に爆散する。





主な搭乗機
AMX-009 ドライセン
AMX-011 ザクIII
AMX-014 ドーベン・ウルフ


posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

ZZ(ダブルゼータ)ガンダム@ルー・ルカ

ルー・ルカ
階級は少尉。

17歳。






グリプス戦役終結後、
物資・人員共に整わないアーガマに、
ラビアンローズより
MSZ-010ΖΖガンダムのパーツの一部、コア・ファイターを輸送してきた
エゥーゴ志願兵の少女。






当初は、
立場の違いもあってか
ジュドー・アーシタらシャングリラの少年達とは衝突する事もあったが、
持ち前の明るさを活かし、
打ち解けていった。



ジュドーがΖΖガンダムの主席パイロットとなって以降、
彼に想いを寄せるエル・ビアンノへの対抗心もあり、
Ζガンダムのパイロットとなる。



また、
時には上位機種であるZZガンダムなどにも搭乗し、
ガンダム・チームの一員として
第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いていく。






ジュドーとは喧嘩の絶えない仲だったが、
共に戦い抜く中で互いに惹かれ合っていった。


また、
ネオ・ジオンのグレミー・トトにも好意を持たれるなど、
恋愛模様は華やかである。


しかし、
クィン・マンサがコクピットを開放した瞬間、
ルー・ルカはグレミーに対し銃口を向け、
涙と共に引き金を引く。





第一次ネオ・ジオン抗争終結後は、
ジュドーと共に木星船団に志願。

彼と共に木星圏へ旅立つ。









長谷川裕一の漫画作品
『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』においては、
ジュドーの発言から離別したとされているが、

松浦まさふみの漫画作品
『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』においては、
彼と共に地球圏へ帰還している姿が見られる。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

リィナ・アーシタ@ZZガンダムパイロットジュドーの最愛の妹

リィナ・アーシタ


主人公ジュドー・アーシタの妹。

ガンダムファンの萌えキャラクターの一人。

サイド1のシャングリラにて兄ジュドーと共に生活していた。





リィナ・アーシタ
兄が学校にいかずにジャンク屋稼業に勤しむ事を
あまりよく思っていなかった。

ジュドーがアーガマのクルーになる際に
一緒にアーガマへ乗り込む。



第11話にて
ジュドーが乗機Ζガンダムにダメージを受け危機に陥った際に、
ラビアン・ローズからコア・ベースに乗り込み出撃。

ジュドーの危機を救う。

が、そのとき、
乗機のコア・ファイターは
ネオ・ジオン所属のグレミー・トトに拿捕されてしまう。



その後
リィナ・アーシタ
グレミーの元で、
レディになるための教育を受けさせられる事となる。

グレミーらと共に地球へ降下し、
ダカールでジュドーと再会。



その後、脱出する際に負傷したリィナ・アーシタ
休んでいた小屋に
モビルスーツが墜落し、
死亡したものと思われた。

だが実はセイラ・マスに助けられており、
最終話で木星へ旅立つ直前の兄と再会する。



posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター

ビーチャ・オーレグ@ZZのガンダムチームリーダーとしてジュドーをサポートした少年

ビーチャ・オーレグ

サイド1のスペースコロニー「シャングリラ」で
ジュドー・アーシタら仲間達と
ジャンク屋稼業をして生活していた少年。

仲間のリーダー格だった。






修理と補給のため入港したアーガマから
Ζガンダムを盗み出し売り払おうと企み、
仲間や敗残兵ヤザン・ゲーブルらと共に同艦に侵入。

その後、
成り行きでΖガンダムに乗り込んだジュドーが
アーガマの危機を救った事をきっかけに、
彼ら共々ビーチャ・オーレグもアーガマのクルーとなる。





リーダーを気取ってはいたものの、
意外と気が小さく
肝心な場面では
仲間のジュドーやエル・ビアンノ
尻を叩かれるような場面もあった。


また自己中心的な面もあり、
モンド・アガケと共に
アーガマをアクシズに売り渡して儲けようと企み、
仲間を危機に陥れた事や、
モンドと共にアクシズへ投降したりと、
トラブルメーカー的な行動も多く見られた。





戦争後期にネェル・アーガマが配備された際には
ブライト・ノアから艦を任され、
若年ながらも艦長代理に就任。


人員不足やジュドーへのライバル心からパイロットとなり、
主に再配備された百式に搭乗するようになる。






戦場では
ジュドーらの支援にあたることが多かったが、
特に撃墜されるような事もなく、
無事に第一次ネオ・ジオン抗争終結まで戦い抜いている。





また、
ビーチャ・オーレグは仲間のエル・ビアンノに
昔から思いを寄せており、
ジュドーを交えて微妙な三角関係となっていた。





戦争終盤、
成長したビーチャ・オーレグ
ハマーン・カーンとの決戦に挑むジュドーに加勢する為、
無理に出撃しようとするエルを諌めるなどの
リーダーらしい一面を彼女に見せている。




最終的にエルはビーチャ・オーレグの想いに応え、
仲間と共にジュドーの身を案じている。




戦争終結後、
3年後に月面フォン・ブラウン市にて再会する約束を交わし、
木星圏へ旅立つジュドーとルーを見送る。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。