ガンダムZZ@ネオジオンのキュベレイ

キュベレイ

(QUBELEY)


型式番号:AMX-004


機体解説

アクシズにて設計・開発された
ニュータイプ専用試作型モビルスーツ。

一年戦争時に多大な戦果を挙げた
ニュータイプ専用モビルアーマー「エルメス」の機能を
全高20mクラスのモビルスーツに集約した機体であり、
ビットを小型化した遠隔誘導攻撃端末として
ファンネル(正式にはファンネル・ビット)を搭載し、
サイコミュによる機体制御を可能とする。

キュベレイが実戦投入されたグリプス戦役期のモビルスーツは、
AMBAC装置と推進器を兼ねた
スラスター・バインダーを装備する例が多数見られた。

しかし、キュベレイが装備するデバイスは
バインダーの質量自体が大きく、
また可動域も「もう一対の腕」と称するに相応しい、
極めて高い自由度を確保しており、
まさしく曲芸的な空間機動力を機体にもたらしている。

ノズルの推力自体は標準の域を出ず、
直線的な移動速度はさほど高い訳ではないが、
サイコミュ制御による高い応答性能と
変幻自在の運動性能により、
白兵戦闘能力においては
グリプス戦役・第一次ネオ・ジオン抗争を通して
随一の性能を誇っている。

武装面では
前述の通りファンネルを装備し、
オールレンジ攻撃を行う事が可能である。

その他の兵装は
ビーム・カノン兼用のビーム・サーベルのみとされており、
火力に関しては、
ほぼ誘導端末に依存する形式となっている。

これらの洗練された機体構成と優れたパフォーマンスは、
キュベレイの矜持を明確に体現すると共に、
アクシズ開発陣の自信の顕れであると言えよう。

グリプス戦役末期に
アクシズの指導者ハマーン・カーンの座乗する
一機が実戦投入され、
エゥーゴのΖガンダムや百式といったエース機を圧倒し、
本機と同じく当時最高峰のNT専用機である
ティターンズのジ・Oとも
ニュータイプ・パイロット同士による超常的な戦闘を展開した。

その後の第一次ネオ・ジオン抗争時には
最終決戦時のみ出撃し、
ジュドー・アーシタのΖΖガンダムと死闘を繰り広げ、
撃墜されている。




機体デザイン

曲線を多用した機体と
白の塗装の組み合わせにより、
名前の元となった大地母神キュベレーを
思い起こさせる優美かつ華麗な機体である。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオジオン@ハマーンの量産型「ガザE」

ガザE

(GAZA-E)


ネオ・ジオン軍の量産型可変モビルスーツ

(型式番号:AMX-007)



機体解説

ガザCの発展型。

他のガザシリーズと異なり
航行能力に主眼が置かれて設計された。

またガザシリーズの特徴でもある
「ナックルバスター」は本機には採用されていない。

この機体の特徴は、
MA形態時に機体そのものが
サブフライトシステムとして運用できる点であり、
その背にMSを1機搭載することが可能である。

アクシズ製MSとしては開発時期が早く、
グリプス戦争末期にはその存在が確認されている。

また、内紛時に
ほとんどの機体がハマーン側について、
サイド3防衛戦に投入されたが、
モウサ激突時に投入されていた全機が失われた。





劇中での活躍

ガンダム・センチネルでは
ニューディサイズによる反乱の際に、
ND側へのアクシズからの間接援護として、
戦闘演習と称して停戦協定中の地球連邦軍α任務部隊の進路妨害を行った。

また劇場版Zガンダムにおいてはグワダンの格納庫に搭載されていた。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ZZガンダム@連邦の機体だった「アイザック」

アイザック

(EWAC-ZACK)

地球連邦軍の偵察用モビルスーツである

(型式番号:RMS-119)



機体解説

ミノフスキー粒子の
レーダー撹乱などの機能が発見され、
それまで電子戦による長距離射撃・遠隔操作を主としたものから
モビルスーツ (MS) を中心とした
有視界戦闘へと戦術は一変することとなった。

しかし、粒子が拡散することで
その効果が激減してしまうため、
効果を保持するためには絶えず散布する必要があった。

そのため、
戦時下においても
ミノフスキー粒子濃度にはムラがあり、
一部ではレーダーが使用可能であった。

本機は
低ミノフスキー粒子下での
電子戦を想定し
ハイザックをベースに
早期警戒機として
偵察用の装備に改修した機体である。

頭部と一体化したロト・ドームには
パッシブ・レーダー・システムを搭載し、
中央部の円盤が毎分6回転して
敵機の発するレーダー波を超長距離から捉える。

このレーダーの走査域は
上面194°であり、
全天を監視する際には2機の機体を必要とする。

ロト・ドーム下面には
高高度からの光学撮影が可能な
対地監視用のモノアイレールが
全周にわたり設置されている。

外周にまで
モノアイレールが設置され
更に策敵能力を強化した頭部も存在する。

この頭部は
ロト・ドームも大型化したため、
前に張り出す形状となっている。

腰部中央には
対地センサーが増設され、
前腕部をカメラ・アームに交換することもあった。

高ミノフスキー粒子濃度のため
通信が不可能な場合は、
暗号化したデータを
データ・ポッドに書き込む。

このデータ・ポッドの代わりに
2基のドロイド・シーカーを
装備することもできる。

これは人工知能を搭載した探査ポッドで、
単独で追跡・探査が可能である。

また、作戦行動時間の延長のため、
バックパックに
2基のプロペラント・タンクが設けられた。

グリプス戦役後のダカール侵攻において、
ティターンズの残党が合流した際に
ネオ・ジオンへと持ち込まれた。

本来偵察用であることから
大した武装は想定されていなかったが、
ハイザックの携行武装を使用可能である。

第一次ネオ・ジオン抗争期に
アフリカ解放戦線青の部隊に流れた機体は、
MS不足から戦闘に使用されザクマシンガン改を装備していた。

青の部隊では部隊色に合わせた青い機体が登場。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオジオンのモビルスーツ?モビルアーマー?@ガ・ゾウム

ガ・ゾウム


ネオ・ジオンの可変量産型モビルスーツ

(型式番号:AMX-008)




機体解説

ガザ系を発展させた機体だが、
今までとは異なるフレーム構造、
変形機能を持つ。

ガザEと同時期に開発され、
当初はこの機体が「ガザE」となる予定であったが、
従来のガザシリーズよりも性能向上が著しかったために
別名称が与えられた

(なおこれとは別に、
本機はガザEの検討プランの一種で、
結果としてガザEとしては採用に至らなかったが、
埋没させるには惜しまれる性能のために
別名称を与えて再び採用したとする説もある)

本機はフレームからの新規設計機であるが、
ガザC,Dとパーツの共有率が高かったため、
多数が第一次ネオ・ジオン抗争中期以降に投入され、
ガザDと共に大戦末期まで第一線で運用された。




劇中での活躍

エンドラ隊
新型機として配備された本機にゴットン・ゴーが搭乗したが、
グラナダにおいてスパイを騙して移民船に仕掛けた爆弾に
自身が引っかかってしまい、
戦闘での見せ場なく大破している。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオジオンのヤラレキャラ@ガザD

ガザD


(GAZA-D)

ネオ・ジオン軍の量産型可変モビルスーツ

(型式番号:AMX-006)




機体解説

グリプス戦役において一定の評価を得たガザCは、
次期主力量産機としての立場を確固たるものとした。

その名の通りガザCの発展・改良型であるこの機体は、
ガザC特有の簡易可変機能をそのまま受け継いでいるため
全体のシルエットはさほど変わっていない。

また、武装面も強化され
全体的な火力も向上している他、白兵戦能力も強化されている。

第一次ネオ・ジオン抗争初期に投入、
大戦末期まで一般兵用として多数投入された。




劇中での活躍

機動戦士ガンダムΖΖ』序盤に、
マシュマー・セロ麾下の「ガザの嵐隊」の乗機として
登場。

その後も劇中を通して一般兵用モビルスーツ(所謂ヤラレ役)として登場した。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオジオンの独創的モビルスーツ@ガザC

ガザC

(GAZA-C)



『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』、
小説及び模型の連動作品『ガンダム・センチネル』に登場する。

アクシズネオ・ジオン)の
量産型可変モビルスーツである

(型式番号:AMX-003もしくはMMT-1)




機体解説

アクシズが
新型モビルスーツを製造する力が乏しかった時期に、
作業用モビルスーツとして開発されたガザA、ガザBを
戦闘用に発展させた機体で、
簡易ながら可変機能を持つ。

そのため一応第3世代モビルスーツに属する。

『機動戦士Ζガンダム』のテレビシリーズ後期に
アステロイドベルトから地球圏に戻ってきたジオンの亡霊「アクシズ」の尖兵として
登場。

初登場時には
その物量でティターンズ艦隊を圧倒した。

また『機動戦士ガンダムZZ』においては
新兵であるグレミーの乗機として登場した。

テレビシリーズでは
全ての機体が赤系のカラーだったが、
20年ぶりに制作された劇場版では、
ハマーン・カーンの専用機として白を基調とした
専用のカラーリングがなされている機体が登場した。

一般兵の機体と性能等に違いがあるのかは不明である。







バリエーション


AMX-002 ガザB
作業用MSであった「ガザA」を改造し
簡易な武装を施した機体。

アクシズの警備用といわれる。

その後のガザシリーズの原型となった。


AMX-003(MMT-1) ガザC


AMX-003(MMT-1) ハマーン・カーン専用ガザC


AMX-003S ガザC改

カラードで運用されていたガザCの改修機。
ベース機の弱点であったMA形態での視界の向上を目的として、
コクピットが腹部から機首に移設された。

これによりMA形態で有視界行動を行うことが可能となった。

また機首に搭載されたビーム砲が可動するようになり、
MS形態時でも使用できるようになった。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ZZガンダム@ゲリラ戦線が使用した「ゲルググ」

ゲルググ


アフリカの
民族解放ゲリラである青の部隊
隊長ディドー・カルトハや
エロ・メロエらが
ゲルググ
(劇中の台詞によるとオリジナルではなく
レプリカらしい)
に搭乗。

青の部隊所属の他の機体同様に
部隊色である青色に
塗装されていた。

また、
旧ジオン軍兵士の恋人だった
マサイ・ンガバは、
恋人の遺したゲルググ
ジュドー・アーシタに戦いを挑むが
撃破されてしまう。

機体はなぜか
シャア専用機と同じ
赤メインの配色だった。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ZZガンダム@ネオジオンのゲルググ型新鋭機「リゲルグ」

リゲルグ

(REGELGU)




ネオ・ジオン軍のモビルスーツ。





機体解説

一年戦争終結後、
小惑星アクシズへと逃れたジオン公国残党軍は
ひそかにモビルスーツの開発を行っていた。

同じアクシズ製のキュベレイを彷彿とさせる
巨大化したウイングバインダーと呼ばれる両肩内部には
3基ずつのバーニアを内蔵し、
リアスカートアーマーも大型化。

プロペラントタンクも増設し
強力な推進力を発揮する。

装甲・操縦系統を
第2世代モビルスーツと同じように換装してあり、
性能はベース機であるゲルググとは段違いに高く、
リファインド・ゲルググ」を略してリゲルグと命名された。

完成した機体は
主に新兵の訓練用として用いられた。

増設されたバックパックには
ビームサーベルを2基装備する。

これはゲルググ系特有のビームナギナタではなく
通常のビーム刀身を形成する。

ゲルググでは
ジェットエンジン補助推進システムが設置されていた前腕部には
グレネードランチャーを装備、
もう片方の手を添えることで反動を抑えて発射する。

ビームライフルは
ゲルググのものを更に改良し、
下部にグレネードランチャーが設置されたものを
装備している。

ウイングバインダー内には
円盤形の宇宙機雷を
片側6基装備することもできる。








劇中での活躍

41話に登場。

マシュマー・セロの副官イリア・パゾム
マシュマーの監視を兼ね搭乗。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ドワッジの改修型@ドワッジ改

ドワッジ改

(ドワッジかい、DOWADGE-CUSTOM)


旧ジオン軍残党ロンメル部隊
陸戦用重モビルスーツ

(型式番号: MS-09H)。







機体解説

ジオン公国時代に
ドムのバリエーションのひとつとして開発された
旧世代のモビルスーツドワッジを、
エースパイロット用に改修したモビルスーツ。

旧ジオン軍残党・ロンメル部隊が運用している。

旧ジオン軍中佐デザート・ロンメルが搭乗。

両肩の装甲後部に
大型ブースター4基を装備したため、
ベース機より24,200kgの推力増加を果たし、
更に運動性を向上させた。



ビームカノン
ドワッジ改の元々の武装ではなく、
ロンメル部隊が連邦軍基地から強奪し
ロンメル中佐が使用。

ヒート・トマホーク
ヒート・ホークを現地改修したものと思われる。

またロンメル中佐のドワッジ改
リニアシート導入やジェネレーターも交換し、
装甲の強度もアップしている。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオジオンが運用したジオン公国時代のモビルスーツ@ドワッジ

ドワッジ

(DOWADGE)




ジオン公国軍の
量産型陸戦用重モビルスーツ

後にネオ・ジオンアフリカ解放戦線で運用された

(型式番号: MS-09G)




機体解説


ジオン公国時代に
ドムのバリエーションのひとつとして開発された
旧世代のモビルスーツだが、
地上では陸戦用として現役であった。


ネオ・ジオンのアマサ・ポーラや、
アフリカ解放戦線の隊長ガデブ・ヤシンらが搭乗。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオジオンに吸収された機体@シュツルムディアス

シュツルム・ディアス

(STRUM DIAS)

ネオ・ジオンの量産型モビルスーツ。

(型式番号:RMS-099B (RMS-099RS) )






機体解説

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した、
リック・ディアスの発展・強化型。

クワトロ・バジーナ大尉専用機として開発されたが、
クワトロにはリック・ディアスの後
百式が与えられた為彼が搭乗する事はなかった。

第一次ネオ・ジオン抗争の際、
政治的裏取引及びエゥーゴの元ジオン系軍人が寝返った際に
ネオ・ジオンの戦力となり、
サトウ隊長率いるシュツルム・ディアス隊が運用した。





メカニックデザインは永野護。

機動戦士ガンダムΖΖ』の登場に際して
明貴美加によりクリンナップされた。

大日本絵画発行の模型雑誌「モデルグラフィックス」で
永野自身が作例を担当する形で初公開され、
そこで設定が起こされたときの型式番号は「RMS-099RS」。

本来はエゥーゴの
クワトロ・バジーナ専用機(永野のテキストでは「シャア専用突撃型」)として
デザインされた機体であったが
『Zガンダム』制作時にはデザイン画の提出が行われず
(永野の弁によると「忘れた」との事)、
『ガンダムZZ』において話の都合上ネオ・ジオンの機体として登場した。

なお現在発売中のマスターグレードリック・ディアス(クワトロ専用機)には、
カメラアイの庇(バルカンファランクスのカバー前部)が若干跳ね上がっていたり
膝部分のパーツが長くなっている等、
シュツルム・ディアスをイメージさせる追加パーツが付属している。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 17:58 | Comment(2) | TrackBack(2) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ネオ・ジオンが連邦から接収@ザク・マリナー

ザク・マリナー

(ZAKU-MARINER)

ネオ・ジオン量産型水陸両用モビルスーツ
(型式番号:RMS-192M)



機体解説

一年戦争終結後に
地球連邦軍が旧ジオン公国軍から接収し運用されていた
ザク・マリンタイプ後期型を発展・改良させ、
連邦にて生産した機体で、
脚部のハイドロジェットは陸上使用時にははずすことが出来る。

しかしこの機体は
第一次ネオ・ジオン抗争時、
ネオ・ジオンが地球連邦本部のあるダカールを制圧した際に接収され、
再びジオン系のモビルスーツとして使用されることになった。

当時ネオ・ジオン側には
AMX-109カプールが新規に開発されていたが、
兵士らは海のない宇宙で作られたカプールよりも
ザク・マリナーの方を信頼性が高いと考え、
使用していた。


生産性や整備性、
そして運用面においても
扱いやすい機体となっている。

連邦軍はこれと並行し、
ジャブロー内のもうひとつのプラントにて、
ザク・ダイバーを開発していた。

量産型に近く、
どちらかといえば「水陸両用型」というコンセプトが見て取れるザク・マリナーとは対照的に、
ザク・ダイバーはマリン・ハイザックに近い構造を残し、
さらに「水中専用機」としての改修を推し進めた物のようである。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

アクシズのモビルスーツ@ガルスJ

ガルスJ


ネオ・ジオン軍のモビルスーツ。

型式番号: AMX-101。




グリプス戦役後、
ネオ・ジオンが本格的に地球圏へ侵攻するために
開発された。


シャングリラにおける
マシュマー・セロの試験結果から、
のちに量産され、
各戦闘区域に投入された。



機動戦士ガンダムΖΖ』では
マシュマーによって、
実戦試験が行われた。


また、
MSZ-006Ζガンダムに搭乗したジュドー・アーシタが
初めて戦った軍用モビルスーツでもある。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは

ブログ『「アニメじゃない」機動戦士ZZガンダム』がお世話になっているサイト様

当サイト(「アニメじゃない」機動戦士ZZガンダムガンダムZZのストーリーからキャラクター、モビルスーツまで)と相互リンクしていただいているサイト様です。

是非一度、ご訪問ください。


機動戦士Zガンダム@ゼータガンダムを徹底攻略!!

機動戦士ガンダムブログ@ファーストガンダムをしゃぶりつくす!!

ピラティス教室選びのコツ

消費者金融de キャッシング



posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。