モビルスーツ「バウ」の詳細

バウ

(BAWOO)

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場

ネオ・ジオン軍の量産型分離可変モビルスーツ

(型式番号:AMX-107)

ネオ・ジオン軍(旧ジオン公国軍含め)唯一の分離可変機。

(くれぐれも平成犬(イヌ)物語をいうアニメとは無関係である)









頭部はネオ・ジオンのMSに多く用いられる
モノアイ機構を採用。

バウ・アタッカーでの空力を
考慮した形状となっている。

固定武装として
前腕部に4連装グレネード・ランチャー
およびビームサーベルを装備する。

機体背部のフレキシブル・ウィング・バインダーには
各3基のミサイルを装備する。

また、シールドには
5連装のメガ粒子砲を装備し、
機体防御と共に攻撃が可能である。



バウ・アタッカー

バック・パックのフレキシブル・ウィング・バインダーを
主翼をして用いる。

武装はビームライフル、
ミサイル、グレネード・ランチャーと
MS形態の多くの武装を使用することができ、
高い攻撃力を誇る。

また、シールドを
機体下面に装着することにより、
機体下面の空力性能を向上させている。



バウ・ナッター

遠隔操作する下半身の戦闘機形態を
バウナッター (BAWOO NUTTER) と呼ぶ。

脚部を90度回転させ、
腰部ユニットを翼として用いる。

バウ・アタッカーとは異なり
武装を持たないが、
最大1,800kgのペイロードを有し、
弾頭(核弾頭も搭載可能)を搭載することで
それ自身が射程640kmの巨大なミサイルとして機能する。

第15話「幻のコロニー(後)」において初登場。

朱色に塗装された機体を
グレミーが用いていた。

第16話「アーガマの白兵戦」では
ゴットン・ゴー率いるエンドラ隊が
アーガマ奇襲に用いる。

その際、分離・合体が行われている。

第33話「ダブリンの午後」では
緑色に塗装された量産機3機をアリアス隊が使用し、
自由落下で空中戦を行った。

第45話「アクシズの戦闘」では
ハマーン・カーンに反旗を翻したグレミー軍の
部隊色であるグレーに再塗装された機体が登場している。

劇中、量産機は分離・合体シーンが見られなかった。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。