コロニーで使用されたズゴック

ズゴック

(Z'GOK)

『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場。

ジオン公国軍の水陸両用モビルスーツ。

(型式番号:MSM-07)


mg、hguc、1/100、hcm-pro、ハイコンプロ、cg





機体解説

モビルアーマーを多く開発したMIP社の開発による
唯一のモビルスーツ

ツィマッド社のゴッグと同時期に開発に着手した。

アッガイの型式番号であるMSM-04は
本来なら本機に与えられるはずであったが、
先に運用されたゴッグのデータをフィードバックしたため
アッガイよりも量産化が遅れ、
別の型式番号与えられた経緯を持つ。

だがその高い完成度は
ジオン公国製モビルスーツの中でもトップクラスであり、
先行して量産化されていた2機種に代わって
水陸両用モビルスーツの主力となった。

キャリフォルニアベースにおいて
ゴッグの後期型と同じラインで生産が行われた。

ジェネレーターの冷却を
水冷式から水冷・空冷式のハイブリッドに変更したことで
搭載する冷却水を減らすことに成功し、
ゴッグより20tほど軽量化されている。

また背部には
熱核ジェットと熱核ロケットを兼ねた推進器を装備し、
水中はもとより陸上でも
MS-06J陸戦用ザクIIと同程度といわれる軽快な運動性能を示した。

モノアイ・レールは
全周ターレットとなり
背部の視認性が向上した。

武装として
頭部に240mmミサイル発射管を6基
(8基の機体も確認されている)
を装備(装弾数30発)している。

これは水中での発射も可能であるが
耐圧深度が低く、
主に浮上・上陸後に用いられた。

両腕部は
他の水陸両用モビルスーツと同様
フレキシブル・ベロウズ・リムと呼ばれる
多重関節機構を採用し、
先端にアイアン・ネイルとよばれる3本のクロー(4本という説もある)を
装備している。

これは格闘戦の際に
打突・斬撃用の近接兵器として用いられ、
高い機動性を生かすことで
パイロットによっては配備が始まった地球連邦軍のジムを
一撃で葬ることが可能であった。

より格闘戦に特化した姉妹機
ゾゴックも開発されている。




劇中での活躍

『機動戦士ガンダムΖΖ』では
スタンパ・ハロイが搭乗し、
ジュドー・アーシタ達を追いつめるが、
その際ラサラ・ムーンを殺してしまい、
逆上したモンド・アガケの駆るガンダムMk-IIに撃破された。
posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。