グレミー・トト@ネオ・ジオン反乱軍の総帥

グレミー・トト

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場

ネオ・ジオンの将校。

17歳。

(声:柏倉つとむ)


登場初期はマシュマー・セロの一部下だったが、
ハマーン・カーンは
早くからその高い能力を見抜いており重用していた。

ネオ・ジオンに拉致され身を寄せているリィナ・アーシタを、
レディとして教育したりしていたが、
グレミーはそのうち不穏な動きをするようになり、
ハマーンは
オウギュスト・ギダンを監視として送り込むようになる
(もっともオウギュストも、その後グレミー側に寝返っている)

物語後半、
グレミーはザビ家の真の継承者として、
ミネバ・ラオ・ザビの摂政という身分を使い
ネオ・ジオンを我が物にしているハマーンを打倒せんと、
ネオ・ジオン本隊に反乱を起こした。

真偽は不明だが
グレミーはギレン・ザビの子を
自称している。

小説版ではデギン・ソド・ザビの子という設定である。

グレミーは
プルツーや彼女のクローンシリーズと思われる兵士で構成された
ニュータイプ部隊を主力に据えた。

グレミー自身が
ギレンのクローンであるという説もある。

搭乗機はガザC、
バウ
(一部のゲームではクィン・マンサを操縦した、
つまりニュータイプとして扱われているが、
操縦というよりプルツーを膝に乗せただけであり、
原作中では彼がニュータイプである、
もしくはその要素を持っているとの言及はない)

また反乱成功後に地球を任せるという条件で
ラカン・ダカランも味方につける。

ラカンはグレミーのことを
若造と見くびっていたようだが、
演説で反乱軍に加わった兵士達を鼓舞する様を、
感心して見ていた。

しかし、結果として
このネオ・ジオンの内乱がエゥーゴにつけいる隙を与え、
グレミー軍は
ラカンのスペース・ウルフ隊が
強化人間となったマシュマーのザクIII改によって壊滅させられ、
ラカン自身が駆るドーベン・ウルフも
ジュドー・アーシタのΖΖガンダムによって撃墜される。

グレミーは最後の砦となったクィン・マンサに
プルツーと乗り込み、
圧倒的な強さでガンダム・チームを追い詰めていったが、
ジュドーに
自らの大義をちっぽけなエゴであると論破され、
パイロットのプルツーの精神はジュドーと感応し、
プルツーが戦闘を放棄、
グレミーを振り払いジュドーの許に向かう。

グレミーは
プルツーを呼び止めようとコクピットのハッチの外で説得してるところを、
ルーのΖガンダムに狙撃される。

片想いのルーに殺されることで、
死によってある呪縛から開放されたように
描かれている。




主な搭乗機

AMX-003 ガザC

AMX-107 バウ
posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24154819
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。