ジムV@カラバの護衛に配置

ジムIII

『機動戦士ガンダムΖΖ』
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場。

地球連邦軍の量産型モビルスーツ。

RGM-86R



グリプス戦役後の地球連邦軍の主力機。

ジムIIの後継機にあたり、
新技術の導入や設計の見直しが行われている。

第一次ネオ・ジオン抗争期には、
カラバに流出したジムIIIが、
主力としてカラバ本部を護衛した。

なお、エゥーゴやカラバ配置の機体は
緑系統のカラーリングに塗装されていた


MOBILE SUITS GUNDAM4の解説においては
カラバとアナハイム・エレクトロニクスの共同開発であり、
連邦軍がカラバを統合した後に
正式採用されたとも記載されている。

第二次ネオ・ジオン抗争期には
ジェガンにその座を譲りつつあり、
ロンド・ベル隊以外に配備されている。


posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。