ザクV改@ネオ・ジオンの最強のモビルスーツ

ザクIII改

(ザクスリーかい、ZAKU III CUSTOM)

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場、
ネオ・ジオンの指揮官用攻撃型重モビルスーツ。

型式番号: AMX-011S。





機体解説

ザクIIIは
開発当初からオプションの換装によって
様々な戦況に対応できるように設計されていた。

本機はその中で
高機動戦闘に対応した装備に換装した機体である。

標準型との相違点は頭部、
左ショルダーアーマー、バックパック、
リアスカート、膝アーマーなどである。

頭部は口吻部にメガ粒子砲を備えたものに代わり、
30mmバルカン砲2門を装備したタイプに換装されている。

これにより機体色も相まって
ザクの意匠に近いものとなっている。

左ショルダーアーマー先端には
ハイド・ボンブ投下機が装備されている。

リアスカートは大型化され、
約8倍に増量されたプロペラントタンクを有する
バックパックの換装も併せ、
機動力の向上と稼働時間の延長を実現した。

ビームライフルは
長射程・大出力のものを装備する。






劇中での活躍

強化人間にされたネオ・ジオンの将校
マシュマー・セロに用意された機体で
ネオ・ジオンの内乱の際にこの機体で出撃し、
ラカン・ダカラン率いるドーベン・ウルフで構成された
スペース・ウルフ隊と交戦した。

最後は、
過剰な強化により不安定になっていたマシュマーの精神が
ついに暴走をきたし、
機体と呼応、
ラカン機以外のドーベン・ウルフを道連れに自爆する。


posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。