ゲーマルク@ニュータイプ専用モビルスーツ

ゲーマルク

(GEYMALK)

機動戦士ガンダムΖΖ』に登場

ネオ・ジオン軍の
ニュータイプ専用重モビルスーツ。

(型式番号:AMX-015)



第一次ネオ・ジオン抗争末期に開発、
実戦投入された強化人間専用の重モビルスーツ。



機能上
第4世代モビルスーツに分類される機体であり、
胸部ハイパー・メガ粒子砲をはじめ、
全身に無数のビーム砲を装備している。

背部にはマザーファンネルと呼ばれる
ビット兵器を2基装備し、
その内部には小型のチルドファンネルを各14基搭載する。

マザーファンネルを中継として
チルドファンネルを展開することで、
従来よりも広域のオールレンジ攻撃が可能となり、
本体メガ粒子砲による全方位射撃と相まって、
周囲に鉄壁の攻撃網を巡らせる事が出来る。

サイコミュ兵器を使用する為、
ドーベン・ウルフよりも高いニュータイプ能力を持つ搭乗者を必要とするが、
キュベレイ等初期のニュータイプ専用機と比較すれば
幾分扱いやすい機体となっている。

射撃能力のみに限定すれば
当時最高水準の攻撃能力を誇ったゲーマルクであるが、
機動力の面に関しては標準の域を出ていない。

前線においては
護衛としてガズアル及びガズエルを従えた3機で運用される例もあった。





劇中での活躍

第一次ネオ・ジオン抗争末期に実戦投入され、
ハマーン正規軍近衛兵として、
その圧倒的な火力でグレミー・トト率いる反乱軍に対抗した。

中でも強化人間キャラ・スーンが搭乗した機体は
高い戦果を挙げており、
反乱軍のドーベン・ウルフ一般機を圧倒、
また巨大モビルスーツクィン・マンサとも互角に渡り合っている。

反乱軍鎮圧後は、
同軍残党の量産型キュベレイ部隊と交戦し、
圧倒的多数を相手に奮闘する。

最終的には相討ちという形で搭乗者のキャラと共に機体は爆散している。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。