バウ@ネオジオンの本格可変型モビルスーツ

バウ

(BAWOO)

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場

ネオ・ジオン軍の量産型分離可変モビルスーツ

(型式番号:AMX-107)

ネオ・ジオン軍(旧ジオン公国軍含め)唯一の分離可変機。

(くれぐれも平成犬(イヌ)物語をいうアニメとは無関係である)






開発経緯

アクシズはグリプス戦役末期から
既にガザCを実戦投入していたが
この機体は簡易型の可変モビルスーツ (TMS) であったため、
敵対する勢力であるエゥーゴやティターンズなどが投入する
TMSに対して十分な戦果を発揮することができないでいた。

そのためアクシズ(後にネオ・ジオンと改名)としても
本格的なTMSである
第3世代モビルスーツ (MS) の開発の必要に駆られた。

開発に際して、
政治的取引により入手した地球連邦軍や
ティターンズのムーバブルフレームなどの軍事技術が多く投入された。

また、アクシズが提唱する「ジオン復興」に賛同し、
エゥーゴやアナハイム・エレクトロニクスから
多くの技術者が合流したともいわれる。

それらの影響を受け開発された本機は、
エゥーゴのΖガンダムを始めとするΖ計画のMS群に
非常に類似したフォルムを持つ。

開発に際して、
ΖΖガンダムと同様に、機体を上下2つに分離させ、
上半身をバウ・アタッカー
下半身をバウ・ナッター
それぞれの戦闘機として運用するコンセプトの基に試作が行われた。

しかし、MS形態での性能は十分なものであったため、
可変機構を廃した士官専用機として改修されることとなった。
posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。