グレミー・トトしか使いこなせなかったバウ

バウ

(BAWOO)

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場

ネオ・ジオン軍の量産型分離可変モビルスーツ

(型式番号:AMX-107)

ネオ・ジオン軍(旧ジオン公国軍含め)唯一の分離可変機。

(くれぐれも平成犬(イヌ)物語をいうアニメとは無関係である)






開発経緯

本機に搭乗予定であった、
ネオ・ジオンの士官グレミー・トトは当初の開発案に戻し、
バウ・ナッターには慣性誘導装置の搭載と
弾頭を搭載し大型ミサイルとして再設計するように指示した。

このような紆余曲折の結果完成した本機は、
MSとしての高い性能を維持した上で、
変形分離することで攻撃機としても運用可能な機体となった。

先行試作機は
朱色を基調とした塗装を施されグレミーが搭乗した。

その際、
腰左部フロントアーマーに
龍の下に飛と書いた漢字一文字
(バウと読む)のマーキングが施されていた。

結局少数が生産、緑色に塗装され
第一次ネオ・ジオン抗争に投入されたが、
戦局を大きく変えるには至らなかった。

グレミー以外のパイロットは
分離・遠隔操作等の機体性能を
十分生かしきったとはいえなかったようである。
posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23105523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。