ガルスJ@量産にはならなかったジュドーの初めて戦った

ガルスJ

(GALLUSS-J)

機動戦士ガンダムΖΖ』に登場。

ネオ・ジオン軍のモビルスーツ。

型式番号: AMX-101。





機体解説

AMX-102 ズサと連携して
作戦を遂行することを前提に
開発された。

グリプス戦役後、
ネオ・ジオンが本格的に
地球圏へ侵攻するために開発された。

MS-07グフの流れをくむ陸戦型MSで、
フィンガーランチャーを装備。

シャングリラにおける
マシュマー・セロの試験結果を受け、
後に量産されたが
機体制御の面で問題が発覚したため量産は中止。
少数の生産に終わっている。





劇中での活躍

『機動戦士ガンダムΖΖ』では
マシュマーによって、
実戦試験が行われた。

また、MSZ-006Ζガンダムに搭乗した
ジュドー・アーシタが初めて戦った軍用モビルスーツでもある。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23066064
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。