ズサ・・・ってゲームじゃ役立たず

ズサ

(ZSSA)

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場。

ネオ・ジオンの中距離支援用量産型モビルスーツ。

(型式番号:AMX-102)





機体解説

旧ジオン公国軍のガッシャのコンセプトを
受け継ぐ形で、
ガルスJと連携して作戦を遂行することを前提に
開発された。

グリプス戦役後、
ネオ・ジオンが本格的に地球圏へ侵攻するために開発され、
マシュマー・セロによって、
実戦試験が行われた。

第一次ネオ・ジオン抗争時に投入されたモビルスーツの中でも、
比較的小型な機体の部類に入る。

中距離支援を主目的としているため、
機体の大半を大型ミサイルポッドで占めており、
中距離支援の他にも
拠点爆撃等にも用いられた。

また、専用のブースターにも
ミサイルポッドが多数搭載されている。

ブースターを使用することで、
ヒット・アンド・アウェイ攻撃を行うことが可能である。

追加ミサイルポッドを外すことによって、
白兵戦用のビームサーベルを使用することができる。





劇中での活躍

シャングリラにおける
マシュマーの試験結果を受け、
量産が決定。

各戦闘区域に投入され、
強襲作戦や拠点防衛等に運用された。

コロニー内での使用だったためか、
マシュマー機はブースター非装備であった。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。