破壊的な威力のZZガンダムの武力

ΖΖガンダム

(ダブルゼータガンダム、ΖΖ-GUNDAM: DOUBLE ZETA GUNDAM)


エゥーゴの汎用攻撃型可変試作重モビルスーツ(MS)

(型式番号:MSZ-010)




同時に大幅な軽量化も達成されており、
ZZガンダムの機体サイズは
Zガンダムより一回り大きいものの、
重量増は僅かに6t程に留まっている。

ネオ・ジオンのニュータイプ専用機との交戦において、
機体スペック以上の能力を発揮したと言われている。

同デバイスは、
コクピットのメインユニットを中心として
機体各部に端末が多数配置されており、
操縦者の思惟を機体制御に反映させることが出来る。

このサイコミュ端末を分散配置する規格は
伝達回路の高効率高密度化、及び
省スペース化の面においても有利であり、
後のサイコフレームの設計思想に繋がることとなる。

任意に換装が可能なコア・ファイターごとに
脳波パターンを登録することで
搭乗者の変更にも柔軟に対応可能であり、
システムと搭乗者との同調率が高められている。

ただし、
登録者以外の搭乗者が操縦した場合は
元の搭乗者の癖が残る為、操作性が低下する。

しかし、ZZガンダムには
これらの優れた機体性能の代価として、
構造上の問題点も残されている。

機体システムが複雑になり過ぎた為に
整備性は非常に低く、
運用コストも大きい。

装甲強度自体は非常に優秀ではあったが、
接合部位の高い消耗率は
ドッカブル・タイプの工業製品の宿命でもある。

そのため、接合強度を向上させ、
さらなる多機能化を計るためのフルアーマー・システムも
機体と同時進行で開発されている。

同システムの装着時には、
MS単体としての性能は大幅に向上するものの、
Gフォートレスへの変形時には
システムを排除する必要がある。

また、ハイメガキャノン等の大出力ビーム兵器は
エネルギー消費量も大きく、
最大出力での稼働時間も長くはない。

ともあれ、
エゥーゴの最高位機種として開発されたZZガンダムは、
UC0088年時において最強の性能を有していたといっても過言ではなく、
搭乗者の資質とも相まって、
第一次ネオ・ジオン抗争の戦局そのものを左右したと
言われている。

総じて可変機構よりもサイコミュの搭載や、
ジェネレータ及び搭載火器の出力向上に主眼がおかれ、
戦闘能力が増大している。

しかし、別の観点からすれば、
第四世代MSは機動兵器としては末端肥大した観も否めない。

また、MSに多機能化を求める上での技術的限界が
見え始めた時期でもあり、
多くの機体は何らかの形で
ZZガンダムの様な構造的欠陥を内包する結果を招いている。

第一次ネオ・ジオン抗争終結後は、
各勢力ともこうした機体の開発には
然程積極的ではなくなり、
専ら信頼性とコストパフォーマンスの高い機体が
スタンダードとなっていく。
posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。