ZZガンダムの機体解説〜誕生まで

ΖΖガンダム

(ダブルゼータガンダム、ΖΖ-GUNDAM: DOUBLE ZETA GUNDAM)


エゥーゴの汎用攻撃型可変試作重モビルスーツ(MS)

(型式番号:MSZ-010)


機体解説

Zプロジェクト発足当初、
アナハイム社内において構想中であった
エゥーゴの次世代フラッグシップ・モデルの素案として、
二通りの機体プランが存在していたと言われる。

当時確立されつつあった
ムーバブルフレーム構造を
さらに発展させた変形機構を備え、
エゥーゴが計画していたジャブロー攻略を主眼においた、
宇宙空間から地上までの連続運用を可能とする
高機動型の機体案。

もう一つは、
変形機構に加え多数の直結式メガ粒子砲を装備し、
戦艦クラスの重火力を備える、
高出力型の機体案。

ガンダムMk-II
構造材としてのガンダリウム・ガンマの不採用など、
機能分類上は第2世代MS以前の機体ではあったが、
アナハイムの技術陣は
同機の柔軟なムーバブルフレーム構造に着目し、
独自に開発を進めていた
ブロック・ビルド・アップの概念を融合させることで、
モビルスーツの変形機構そのものは実現可能であると判断した。

そして、
前述の再突入能力を持つ高機動型の機体の開発が促進され、
後にZガンダムの名で知られるガンダム・タイプのモビルスーツが完成し、
グリプス戦役中期に試作機が実戦投入された。

しかし、
同機のロールアウト時には既に、
後の第四世代モビルスーツに繋がる
重装甲・重火力機への転換期に差し掛かっており、
その性能的な優位性は長続きしなかった。

そこで、
凍結中であった重火力型の機体プランが
再び脚光を浴び、
Zガンダム及びその派生機群の開発によって得られた
多くのノウハウが投入され、
火力・機動力・装甲強度等
あらゆる戦闘能力を強化した
超高性能機・ZZガンダムが誕生することとなる。
posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22380033
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。