ガンダムZZ@ネオジオンのキュベレイ

キュベレイ

(QUBELEY)


型式番号:AMX-004


機体解説

アクシズにて設計・開発された
ニュータイプ専用試作型モビルスーツ。

一年戦争時に多大な戦果を挙げた
ニュータイプ専用モビルアーマー「エルメス」の機能を
全高20mクラスのモビルスーツに集約した機体であり、
ビットを小型化した遠隔誘導攻撃端末として
ファンネル(正式にはファンネル・ビット)を搭載し、
サイコミュによる機体制御を可能とする。

キュベレイが実戦投入されたグリプス戦役期のモビルスーツは、
AMBAC装置と推進器を兼ねた
スラスター・バインダーを装備する例が多数見られた。

しかし、キュベレイが装備するデバイスは
バインダーの質量自体が大きく、
また可動域も「もう一対の腕」と称するに相応しい、
極めて高い自由度を確保しており、
まさしく曲芸的な空間機動力を機体にもたらしている。

ノズルの推力自体は標準の域を出ず、
直線的な移動速度はさほど高い訳ではないが、
サイコミュ制御による高い応答性能と
変幻自在の運動性能により、
白兵戦闘能力においては
グリプス戦役・第一次ネオ・ジオン抗争を通して
随一の性能を誇っている。

武装面では
前述の通りファンネルを装備し、
オールレンジ攻撃を行う事が可能である。

その他の兵装は
ビーム・カノン兼用のビーム・サーベルのみとされており、
火力に関しては、
ほぼ誘導端末に依存する形式となっている。

これらの洗練された機体構成と優れたパフォーマンスは、
キュベレイの矜持を明確に体現すると共に、
アクシズ開発陣の自信の顕れであると言えよう。

グリプス戦役末期に
アクシズの指導者ハマーン・カーンの座乗する
一機が実戦投入され、
エゥーゴのΖガンダムや百式といったエース機を圧倒し、
本機と同じく当時最高峰のNT専用機である
ティターンズのジ・Oとも
ニュータイプ・パイロット同士による超常的な戦闘を展開した。

その後の第一次ネオ・ジオン抗争時には
最終決戦時のみ出撃し、
ジュドー・アーシタのΖΖガンダムと死闘を繰り広げ、
撃墜されている。




機体デザイン

曲線を多用した機体と
白の塗装の組み合わせにより、
名前の元となった大地母神キュベレーを
思い起こさせる優美かつ華麗な機体である。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。