ZZガンダム@連邦の機体だった「アイザック」

アイザック

(EWAC-ZACK)

地球連邦軍の偵察用モビルスーツである

(型式番号:RMS-119)



機体解説

ミノフスキー粒子の
レーダー撹乱などの機能が発見され、
それまで電子戦による長距離射撃・遠隔操作を主としたものから
モビルスーツ (MS) を中心とした
有視界戦闘へと戦術は一変することとなった。

しかし、粒子が拡散することで
その効果が激減してしまうため、
効果を保持するためには絶えず散布する必要があった。

そのため、
戦時下においても
ミノフスキー粒子濃度にはムラがあり、
一部ではレーダーが使用可能であった。

本機は
低ミノフスキー粒子下での
電子戦を想定し
ハイザックをベースに
早期警戒機として
偵察用の装備に改修した機体である。

頭部と一体化したロト・ドームには
パッシブ・レーダー・システムを搭載し、
中央部の円盤が毎分6回転して
敵機の発するレーダー波を超長距離から捉える。

このレーダーの走査域は
上面194°であり、
全天を監視する際には2機の機体を必要とする。

ロト・ドーム下面には
高高度からの光学撮影が可能な
対地監視用のモノアイレールが
全周にわたり設置されている。

外周にまで
モノアイレールが設置され
更に策敵能力を強化した頭部も存在する。

この頭部は
ロト・ドームも大型化したため、
前に張り出す形状となっている。

腰部中央には
対地センサーが増設され、
前腕部をカメラ・アームに交換することもあった。

高ミノフスキー粒子濃度のため
通信が不可能な場合は、
暗号化したデータを
データ・ポッドに書き込む。

このデータ・ポッドの代わりに
2基のドロイド・シーカーを
装備することもできる。

これは人工知能を搭載した探査ポッドで、
単独で追跡・探査が可能である。

また、作戦行動時間の延長のため、
バックパックに
2基のプロペラント・タンクが設けられた。

グリプス戦役後のダカール侵攻において、
ティターンズの残党が合流した際に
ネオ・ジオンへと持ち込まれた。

本来偵察用であることから
大した武装は想定されていなかったが、
ハイザックの携行武装を使用可能である。

第一次ネオ・ジオン抗争期に
アフリカ解放戦線青の部隊に流れた機体は、
MS不足から戦闘に使用されザクマシンガン改を装備していた。

青の部隊では部隊色に合わせた青い機体が登場。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。