ネオジオンのモビルスーツ?モビルアーマー?@ガ・ゾウム

ガ・ゾウム


ネオ・ジオンの可変量産型モビルスーツ

(型式番号:AMX-008)




機体解説

ガザ系を発展させた機体だが、
今までとは異なるフレーム構造、
変形機能を持つ。

ガザEと同時期に開発され、
当初はこの機体が「ガザE」となる予定であったが、
従来のガザシリーズよりも性能向上が著しかったために
別名称が与えられた

(なおこれとは別に、
本機はガザEの検討プランの一種で、
結果としてガザEとしては採用に至らなかったが、
埋没させるには惜しまれる性能のために
別名称を与えて再び採用したとする説もある)

本機はフレームからの新規設計機であるが、
ガザC,Dとパーツの共有率が高かったため、
多数が第一次ネオ・ジオン抗争中期以降に投入され、
ガザDと共に大戦末期まで第一線で運用された。




劇中での活躍

エンドラ隊
新型機として配備された本機にゴットン・ゴーが搭乗したが、
グラナダにおいてスパイを騙して移民船に仕掛けた爆弾に
自身が引っかかってしまい、
戦闘での見せ場なく大破している。

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ZZガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。