ZZガンダムでは完全にお笑いキャラに堕してしまった@ヤザン・ゲーブル(3)

ヤザン・ゲーブル(Yazan Gable)

ティターンズのモビルスーツ(MS)パイロット

階級は大尉(声:大塚芳忠)。






パイロットとしての腕前は超一流。

また、
自分の戦闘を邪魔する存在は誰であろうと
(それが例え味方であっても)
容赦しない。

彼の卓越した能力は
ギャプラン(強化人間以外でも使用できるようにした改良型)を
強化人間のロザミア・バダム以上に使いこなし、
カミーユを圧倒した点に強く裏付けられる。

サラ・ザビアロフ曰く
野獣』。

一方、
ヤザンもサラを
『戦闘人形』と蔑した。

また、
ラムサス戦死時に
彼の名を叫び激昂するなど
意外な一面も見せた。

また、
戦略家としても一流で、
ハンブラビの海ヘビを応用した「蜘蛛の巣」を使い
カミーユを危機に陥れたり、
ダミーのマラサイを囮に使って
アーガマ隊を罠に嵌めたりした。

ニュータイプが圧倒的な強さを見せる
宇宙世紀を舞台とした「ガンダムシリーズ」において、
ハマーン・カーンと互角以上に渡り合い
パプテマス・シロッコを撃墜した

「ニュータイプ能力は最も高い」といわれるカミーユ相手に、
32話「謎のモビルスーツ」では撃墜寸前に追いやった。

これは、
ニュータイプと戦った者が皆戦死している中、
唯一彼だけが生き残ったことに裏付けされる。

ただし、
この説では矛盾点
(いくらハンブラビの性能が高くても
あそこまでカミーユを追い詰めることは出来ない、
ジェリド・メサの乗っていたバウンド・ドックも
ハンブラビと同等以上の性能である点など)
も生じるため、
支持する人間は少ない。

余談であるが、
ガンダムZZに登場した際は
当初はプチ・モビを使ってZガンダム強奪を企て、
その際にサエグサに重症を負わす野獣ぶりが健在であったが
(声優の都合上殺したのかもしれないが)、
酸素欠乏症のせいか、
番組序盤のノリのせいか、
お笑いキャラに近い役回りを演じるようになってしまった。


撃墜・謀殺した人物

ヤザンはΖの中では
カミーユに次いでメインキャラクターを殺している。
以下は彼に撃墜または謀殺された人物。

ジャマイカン・ダニンガン
バスク・オム(彼の乗るドゴス・ギアを守る意思が無く、
直接手を下したのはレコア。だが、劇場版ではヤザンが直接手を下す)
カツ・コバヤシ
ヘンケン・ベッケナー及びラーディッシュクルー
エマ・シーン



主な搭乗機

ORX-005 ギャプラン(強化人間以外でも使用できる改良型)
RX-139 ハンブラビ
ゲゼ

posted by 機動戦士ZZガンダムマニマニ at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ZZガンダム@キャラクター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21437285
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ティターンズの可変型@バウンド・ドック
Excerpt: バウンド・ドック (BOUND-DOC) ティターンズの ニュータイプ専用可変モビルアーマー。 型式番号: NRX-055。 バウンド・ドッグと誤って表記されることもある。 旧ジオン..
Weblog: 機動戦士Zガンダム@ゼータガンダムを徹底攻略!!
Tracked: 2006-08-04 06:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。